恋愛エージェントトップ > 恋愛マナー講座 > 恋愛中の電話の仕方

恋愛中の電話の仕方

電話というコミュニケーション

接し方

携帯電話の普及によっていつでも相手と気軽に連絡を取って話せるようになりました。
自宅や会社に電話する必要もありませんので時間帯を考えれば個人間の繋がりを大切にできる便利なツールです。
誰もが生活していく上で手放せないほど携帯電話は必需品です。
恋愛においても大きな役割りを占めています。
恋愛を始める前の段階や恋愛を継続してゆく過程においても「電話で話す」という行為は相手の気持ちを知り、掴んでいくために絶対に欠かせないことになります。
電話というコミュニケーションが恋愛を大きく左右することがあるのです。
電話で話すことに苦手意識を感じている人は多くいます。

電話で話す行為に苦手意識を持っている人は、

  • 電話は緊張する。
  • 電話を掛けるタイミングがわからない。
  • 何を話してよいか不安になる。
  • 楽しい会話が続けられない。
  • 電話に出てくれなかったらと考えると落ち込んでしまう。

電話では相手の顔や表情が見えない分、不安になることがあります。
声から相手の気持ちを判断したり、読み取って次の言葉を選びます。
直接会って話すことより難しく感じてしまう人が多いことも当然かもしれません。
しかし、逆に考えれば相手にもこちらの表情は見えません。
顔を見ることでお互いに緊張してしまうより、顔を見ないで話す方が滑舌良く話せる場合もあるのです。
どちらにしても電話で話すコミュニケーション能力を高めるために知っておくべきことを説明します。

電話の苦手意識を克服するために

電話が苦手という人は意外に多いものです。
電話の苦手意識を克服するためには電話で話す回数や時間を増やして電話に慣れることが一番です。
好きな人や恋愛相手と話すことは緊張するかもしれません。
しかし、家族や友人・知人と話すことはさほど緊張しないと思います。
このような身近な人と電話でのコミュニケーションを多く取るようにして電話で話す行為自体に慣れてしまうのが良いのです。

何かを購入する時もインターネットで簡単に申し込むのではなく、その会社に電話して商品や支払いなどのついて詳しく電話で話してみるのです。
このように些細なことでも電話を利用することで苦手な電話から手軽で気楽な電話に意識が変わってゆくのです。
目の前にいない相手に自分の気持ちを伝えたり、相手の言おうとすることを言葉や言い方から読み取ることが可能になるのです。
このようにして電話でのコミュニケーション能力を高めることで恋愛にも活かせることになるのです。

恋愛の過程において電話で話す回数や時間が変わってくる

電話で話すことが一番多いのは恋愛相手の恋人と思います。
回数や時間は誰よりも多いと思います。
恋愛の初期段階ではお互いに夢中なこともあり、相手を知ること、自分を知ってもらうことからこのように電話を頻繁に使って連絡を取り合います。
しかし、お互いを知るにつれて電話で話す回数や時間が減ってきます。
充分に理解して、信用しているということも勿論ありますが、気持ちが冷めてしまっている場合もあるのです。
特に男性は「釣った魚に餌はやらない」というタイプが多いのです。
付き合う前は長時間でも電話で話したり、毎日電話くれたりするのですが段々と電話の回数や時間が減ってしまうのです。

気持ちや感情を電話で伝えることが無くなってしまうことで女性は不安に感じるのです。
また、気持ちがあっても素っ気無いメールだけでは相手に気持ちは伝わらないものなのです。
いつまでも回数の多い電話や気持ちを伝える重い話は電話で話さないでしょうが、しばらく会えない日が続いたり、別々に旅行などに行った先から電話して話すことで二人の関係もマンネリ化を防いで新鮮さやトキメキを持続できるものなのです。
また、喧嘩してしまった時も相手の顔を見ないで話すことで素直に自分から謝ることも出来たりします。
顔を見ていない分、言葉やニュアンスから気持ちが伝わりますので電話では「素直さ」が必要になると言えるのです。

恋愛の好感度を上げるための電話術

電話で話すことでますます相手を好きになったり、相手を思う気持ちが強くなったりすることがあります。
声を聞くことや話すことで恋愛感情が高揚するのです。
これは自分にも相手にも同じ事が言えるのです。
遠距離恋愛では電話することで無性に相手に会いたくなることがあります。
声と言葉から気持ちが伝わることで今まで以上に好きになってゆくのです。
恋愛は、一緒にいる時間だけが恋愛ではないのです。
恋愛している二人が離れていてもお互いを大切に思う気持ちを育むことでもっと好きになることが出来るのです。
離れていることも恋愛を成長させる大切な時間になるのです。

会っていない時間が恋愛を成長させる以上、「電話で話す」という行為はとても重要になります。
時には甘えてみたり、弱い部分を見せたり、本音で話したり、素直になったり・・・。
会っている時と電話での「雰囲気」を変えてみることで相手が気にしてくれたり、さらに興味を抱いてくれるようになったりするのです。
電話では表情が確認できない為、喧嘩になってしまうような会話は絶対に避けなければいけません。
言葉の受け止め方やニュアンスの誤解から擦れ違って関係を悪化させてしまうこともあるのです。

恋愛感情を持っているか判断できない相手との電話術

相手がこちらに好意や恋愛感情を持ってくれているか判断できない時、その相手と電話で話すことで緊張したり、困惑してしまう場面が多いようです。
自分には恋愛感情があるけど相手はどう思っているのかわからない場合に対処の仕方が難しいこともあります。
こちらの気持ちに相手が気付いているなら「好き」という気持ちを前面に出しても構わないでしょう。
気付いている上で連絡が取れるということは相手も意識している可能性が高いと言えます。
この場合には自信を持って電話の会話を楽しんで下さい。
しかし、相手が「好き」と気付いていないなら自分の気持ちを抑えて電話の内容や言葉を選んでみた方が良いのです。
相手がこちらを意識しているか、意識していないかを読み取ることが大事です。
読まれる前に読み取ることで恋愛を意識させたり、恋愛感情を持ってくれるように行動することが必要なのです。
マメに電話することで二人の情報を共有するのです。「電話している」という時間も同時に共有するのです。
お互いに連帯感が生まれたり、頻繁に電話で話していることで生活の一部になってきます。
声を聞かないと寂しくなったり、電話が無い日は気になってしまうのです。
このようにして恋愛感情に「火」が付くのです。
お互いに掛かってくる電話を気にするようになることで恋愛を意識します。そして、その後の恋愛までの関係を上手く築くことが出来るのです。

  • お問い合わせ
  • 恋愛相談料金

↑PAGETOP