恋愛エージェントトップ > 模擬恋愛 > 心理テストで自分を理解する

心理テストで自分を理解する

恋愛を発展させるために必要なこと

恋愛の基礎

恋愛エージェントの模擬恋愛や模擬デートでは、恋愛を優位にするための行動と言動を解説し、勉強していきます。
恋愛というものは形として目には見えにくいものです。
恋愛する二人の関係は、二人がお互いに感じる気持ちの強さや深さであって他人から確認することは難しい場合があります。
相手を強く思い、そして相手の思いを強く感じることで恋愛は充実し、気持ちが満たされるのです。
恋愛に必要とされる気持ちを養うこと、そしてその気持ちを上手く伝えることが恋愛の基礎です。
もちろん一方的な自分の感情だけでは恋愛関係は成り立ちません。
相手の感情を読むことが重要になるのです。
相手の感情を読みながら自分の気持ちを伝えて恋愛の成長バランスを計っていくのです。
お互いの恋愛感情の温度差や距離間を気にするということが最も大切なことなのです。

恋愛までの過程

  • 相手に会って好感を持つ。
  • 惹かれて興味を抱く。
  • 気になり始めて好意を持つ。
  • 恋愛感情を持って接する。
  • 相手の気を惹こうとする。
  • 相手も気があると確信すると恋愛を望む。
  • 気持ちを伝えるために告白する。

行動と言動の重要性

恋愛感情が芽生えたり、恋愛対象として意識する時には、その相手に必ず惹かれる部分があります。
人を好きになるということは、相手を気に入ってしまったということになるのです。
その人を見ていてその人のかもし出す雰囲気や立ち振る舞い方、仕草などが恋愛感情に火を点ける行動となっているのです。
相手の行動を観察することで異性として意識し始めて恋愛感情を抱くように、相手からも「見られている」ということを意識しなくてはいけません。
仕草や立ち振る舞い方が恋愛感情をくすぐることになるのです。
行動と同時に重要なのは言動です。
言葉遣いが悪かったり、丁寧過ぎても恋愛の距離は縮まりません。
男性なら男らしく、女性なら女らしく言葉を発して立ち振る舞うことが大切になります。
気持ちを伝えるための手段としての会話は、一番大切であり、一番簡単な方法になります。
簡単な分、誤解や障害を招いてしまう危険もありますので注意が必要です。
どのような行動が相手に不愉快な思いをさせてしまうのか、どのような言動が嫌な気持ちにさせてしまうのか知っておく必要があります。

【不愉快な行動】

  • 携帯ばかり気にしている。
  • タバコをポイ捨てする。
  • 唾を吐く。
  • 弱い立場の人に強く態度が悪い。
  • 電話を折り返してこない。
  • メールを返信しない、または遅過ぎる。
  • 時間を守らない。
  • 話を聞いていない。

【不愉快な言動】

  • 自慢話ばかりする。
  • 嫌味ばかり言う。
  • 人の悪口ばかり言う。
  • 自分のことは話さない。
  • 元恋人や昔の恋愛話をする。
  • 「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えない。
  • あからさまな嘘をつく。

恋愛してゆく以上、相手に不愉快な思いをさせてしまえばマイナスの印象を与えてしまいます。
良い印象や良いイメージから好感を持たれるように心掛けなくてはいけません。
また、好感を持たれようとして遠慮し過ぎてはいけません。
自分らしさを失わずに人としてのマナーを守るという簡単なことが出来れば充分なのです。
上記のような行動と言動に注意するように模擬恋愛・模擬デートを進めていきます。

  • お問い合わせ
  • 恋愛相談料金

↑PAGETOP