恋愛エージェントトップ > 模擬恋愛 > 恋愛術を身に付ける

恋愛術を身に付けて恋愛マスターになる

恋愛は気持ちのバランスが重要

恋愛の練習

恋愛の過程は植物の成長に似ていると思います。
種を植えてから芽が出てくるまで適度な水分と肥料と日光が成長には必要です。
水分と肥料と日光を過剰に与えることや与えなくなることで成長しなくなったり、腐ったり、枯れたりするのです。
与える時には植物を思いやったバランスが必要になります。
恋愛にも同じことが言えるのです。
与えることと与えられることのお互いを思う気持ちのバランスが重要なのです。
このバランスを上手く取るために会ったり、話したりするのです。
会うこと、話すことで相手の気持ちを理解して、自分の気持ちを伝えていく、そして相手の気持ちを掴むのです。
こうして恋愛関係を深めていくのです。
恋愛は二人の気持ちのバランスが重要になると言えるのです。

【恋愛中の気持ちのバランス】

  • 好きな部分と嫌な部分が見えてくる。
  • 相手を愛しているのか考える。
  • 相手に愛されているのか考える。
  • 「好きだから許せる」か「許せないから嫌い」なのか心のバランスを計る。
  • ふたりの関係は愛情があるのか、冷めているのか恋愛のバランス考える。
  • 「好きだから許せる」なら恋愛を続け、愛情でフォローしながら時間を掛けて改善する。
  • 「許せないから嫌い」なら別れることを決断する。

恋愛のマナー

恋愛エージェントの模擬恋愛・模擬デートでは恋愛のマナーを勉強しながら恋愛の練習を行ないます。
男と女が繰り広げる恋愛ドラマには、絶対に間違いではないという「恋愛の王道」は無いのかもしれません。
しかし、恋愛のマナーを身に着けることでマイナス要素を省くことは出来るはずと考えます。
相手に対しての親切や優しさに見返りを求めないことが恋愛マナーと言えるのではないでしょうか。

自分の好意から相手にしてあげたことに対する期待や望みを持たないことが大切なのです。
「俺はここまでしたのに」、「私はこんなに思っているのに」という気持ちは自分勝手な都合で自己中心的なものなのです。
このような考え方では恋愛は成立しません。
恋愛の駆け引きや計算から親切や優しさの押し売りをして見返りを求めるのではなく、無意識の中で相手を思って自然に出来る行動や言動が相手の心に通じるのです。
逆な立場で考えれば計算の上で優しくされても相手に気を使って疲れてしまいます。
このように相手を思う気持ちに期待や見返りを求めないことこそが恋愛のマナーと言えるのです。

恋愛を実践で練習する

スポーツでもゲームでも勉強でも仕事でも初めから上手く出来る人はそういません。
何でも練習することで少しずつ上手になれるのです。
自分の弱点を知り、克服することで進歩してゆくのです。
恋愛だって同じことが言えます。
異性との恋愛やデートを模擬や擬似という形式で練習することで実際の恋愛に大きく役立つのです。

  • 異性とのコミュニケーションに慣れること。
  • 異性の価値観や感じ方を理解すること。
  • 恋愛へと発展させる過程や恋愛の楽しみ方を学ぶこと。

究極の恋愛講座をお探しならから上記の基本的なことを練習するだけで異性に慣れて緊張も和らぐのです。
模擬恋愛に慣れてくることで相手を変え、繰り返し練習してみることも効果的です。
多くの異性とコミュニケーションを図ることで様々な異性の価値観や恋愛観について多くを学べるものです。
恋愛までの過程を模擬恋愛・模擬デートを通じて勉強することで恋愛観も大きく変わってくるのです。
恋愛悩みを解決するならや恋愛しても上手く行かないと悩んでいるなら異性とのコミュニケーション能力を養う意味で勉強してみることをお勧め致します。
恋愛は自分自身を向上させ、将来を決める重要な役割を含んでいます。
未来を切り開くために将来性のある充実した恋愛はとても大切なのです。

恋愛してからの障害や溝

恋愛することで自分を見失ってしまう時があります。
相手を思う気持ちが強くなり過ぎることで恋愛のバランスを失うのです。
相手を思う気持ちと相手から思われる気持ちの大きさや深さ、重さが対等ではなくなってしまうことで恋愛に歪みや溝が出来てしまうのです。
人にはそれぞれ性格の違いや癖はありますが、「楽しくない恋愛をしたい」、「不幸な恋愛関係をつくりたい」と思って恋愛する人はまずいないでしょう。
「恋愛を楽しく謳歌したい」、「恋愛して幸せになりたい」と男性でも女性でも誰もが思っているのです。
恋愛に見出す答えや目的は皆同じなのです。
価値観や感じ方には人それぞれの個人差があるのですが、人によって価値観や感じ方が違うことで恋愛は難しくも楽しくもなるのです。

恋愛の目的は同じでも、恋愛を楽しむ過程が違うのです。
この過程において「合う」、「合わない」の恋愛の相性が関係するのです。
相性の観点から解説すると、相性が100%パーフェクトに合うカップルは皆無に等しいのです。
「良い部分」や「悪い部分」はお互いに持っているものです。
見て見ぬ振りをしていたり、妥協して許していたり、改善しようと努力したりしているのです。
このような「悪い部分」=「合わない部分」を改善したり、克服することも恋愛には含まれているものです。
悪い部分を補えるほど良い部分を好きでいられるから恋愛関係が続くのです。
良い部分を悪い部分が上回ってしまえば恋愛関係は続けられなくなるのです。

「別れる」という答えを出す前に自分は相手を好きなのか、必要としている人なのか、自問自答しなくてはいけません。
恋愛は二人で楽しむものです。
しかし、時には我慢したり、自分を変えようしたり、相手を変えようとする努力も必要なのです。
「別れる」という理由が単純で自分勝手なものであるとすれば、誰と恋愛しても長く続くことはないのです。
瞬間的な感情だけで恋愛を諦めて関係を解消してはいけないのです。
二人が出会って恋愛したことの意味を考えてみるのです。
その上で「好き」という気持ちが勝るなら障害を乗り越えて恋愛を続けて、「嫌い」という気持ちが勝るなら別れを選択することになるでしょう。

  • お問い合わせ
  • 恋愛相談料金

↑PAGETOP