恋愛エージェントトップ > 恋愛心理講座 > 男心を掴む恋愛術 > ダメ男を選ばないために

ダメ男を選ばないために

ダメ男を好きになってしまう母性本能

接し方

恋愛するたびに甲斐性の無い男を好きになってしまう女性がいます。
いつもダメ男とばかり恋愛してしまうのです。
自立できていない男だったり、女癖や酒癖が悪かったり、暴力を振るってきたり、借金があったり・・・。
このようなだらしない男を好きになってしまう女性は意外にも多いのです。
このような女性は、恋愛に夢中になって男の本性を見抜けなくなってしまうのです。
恋愛関係となり、気付くと女性特有の母性本能が働いてこのようなダメ男を放っておけなくなっているのです。
つい世話を焼きたくなったり、かまってあげたくなったり、だらしなさを気にしてあげてしまうのです。
女性として器量があるゆえに母性本能をくすぐられてしまい恋愛関係になるのです。

しかし、このようなダメ男と恋愛して結果的に辛く悲しい気持ちになって悩む女性は多いのです。
辛く苦しいのに別れることも決断できないほど情が入ってしまっているケースをよく見受けます。
恋愛を継続することが二人になんら向上の意味を持たない恋愛なのにダラダラと関係を続けてしまうのです。
ダメな男ほど女性に甘えてくるのです。
女性に頼り切ってしまいいつまでも自分自身を甘やかして精神的に自立しないのです。
このような関係を続けていてもお互いに良いことはありません。

ダメ男ほど別れられない

このようなダメ男を選んでしまう女性の多くが、自分が男性に頼るよりも男性から頼られることで愛情を感じる女性なのです。
男性に頼られることで必要とされていると実感して女性としての喜びを感じているのです。
女性としての器量があるからこそダメ男への面倒見も良く、頼られることで応えてあげようとするのです。
しかし、恋愛として考えたときに甘えられて頼られてばかりの関係に辛さを感じてしまうのです。
このような恋愛関係を解消しようとしたとき、簡単に別れられないダメ男は多いのです。
「別れよう」と伝えることで泣いて別れないように懇願してきたり、「生きていけない」、「死んだほうがマシ」などと弱気な発言を繰り返して情を引こうとするのです。

また、中には暴力的になったり、脅してくるダメ男もいるのです。
暴力を受けることで自分が悪いと思い込む女性がいますが間違いです。
そして、暴力を振るった後、急に優しくなることで「本当は優しくていい人なんだ・・・」と考えて、「自分がもっと我慢すればいいんだ」などと思わないことです。
自分を責めたり、我慢しても問題の解決にはなりません。
このようなダメ男と無理に恋愛を続ける必要は無いのです。
情に流されずに、自分に合ったいい男はこれから現れると信じてキッパリ別れることが賢明です。

ダメ男をつくるダメ女の共通点

ダメな男を自立させる女性もいるのですが、ダメ男を更にダメにしてしまうダメ女がいるのです。
このダメ女は男を甘やかすことしか出来ず、男の無謀な要求を全て受け入れてしまうのです。
ダメ男に期待され、それに応えることで「愛」を感じているのです。
時には突き放すほどの厳しい態度や頑なな姿勢を見せ付けなくては都合の良い女にされてしまうのです。
だからダメ男の自己中心的な関係に振り回されてしまうのです。
ダメ女がダメ男をつくり出すことで暴力や浮気、働かないことからの浪費や借金に繋がってしまうのです。
ダメな男ばかりを渡り歩く女性を一時期は、「だめんずうぉーかー」などと呼んでいたりしましたが、このようなダメ女には共通点があるので紹介します。

<ダメ女の特徴>

  • 男の機嫌を伺いながら恋愛する女・・・喧嘩したくないから男の都合に全てを合わせる。
  • 毎日会いたがる女・・・恋愛中毒か、恋愛依存症である。
  • ずっと一緒にいたがる女・・・寂しくなるのが嫌で男から離れられない。
  • お金を貸す女・・・気持ちが繋がっていると勘違いしてお金だけの繋がりになる。
  • 感情を押し殺す女・・・恋愛は辛いものと思い、自分が間違っていると言い聞かせて我慢する。
  • 自立できない女・・・自分を持っていないから男に尽くし過ぎる。
  • 浮気の兆候と態度を平気で許す女・・・別れたくないから浮気を許すしかない。
  • お問い合わせ
  • 恋愛相談料金

↑PAGETOP